株式会社クオリティー|AED(自動体外式除細動器)の販売を行っております。詳しくは0120-812-842まで

飛行機にもAED!

AED販売事業部の小林です。
1月6日の記事「宇宙ステーションにもAED!」、1月7日の記事「船舶にもAED!
に引き続き、AED(自動体外式除細動器)の設置事例について紹介したいと思います。

12月4日の記事「日本におけるAED(PAD)導入の歴史」でも紹介したように、
日本で初めてAED(PAD)が導入されたのが、飛行機内でした。

飛行機(旅客機)も船と同じく、地上を離れるため、機内に設置されている場合が増えてきました。
日本で初めてAEDを導入したJAL(日本航空)では国内線・国際線全機に搭載しています。

AED設置飛行機(イメージ)

AEDは命にかかわるものなので、重要性が認知されるのはとても嬉しく思います!

しかし、AED導入の歴史をみてみると日本では対応が後手に回っている気がします。
飛行機に導入が検討されたのも、1997年に外国の航空会社が飛行中の機内でAEDによる
除細動で救命された例があったからです。

AEDはCPR(心肺蘇生法)において欠かせないものとなりました。
ぜひ積極的な設置と、使い方を知って欲しいと思います!

お近くの消防署で行われている救命講習に参加して、実際にAEDに触れてみてはいかがでしょうか?