AED設置の義務化が進んでいます!

訪れる場所のAED設置場所をつい探してしまうAED販売事業部の小林です。

厚生労働科研究によれば、平成23年12月現在、日本のAED設置台数は、
約38万台だそうです。その内訳は、医療機関が約7万台、消防機関が約1万台、
その他が公共施設などで一般市民が使用できるAED(PAD)約30万台になります。

平成23年度AED販売累計台数

(平成23 年度厚生労働科学研究費補助金循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業循環器疾患等の
救命率向上に資する効果的な救急蘇生法の普及啓発に関する研究
(H21-心筋-一般-001)(研究代表者 丸川征四郎)平成23 年度研究報告による。)

AED:自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)

PAD:一般市民によるAED(Public Access Defibrillation)

AEDは平成16年7月に非医療従事者による使用が認められて以降、
国内で急速に普及しています。平成22年度のデータと比べても販売累計台数は、
約20%増加しています。

横浜市は平成21年4月1日より、一定基準の施設へのAED設置を義務付けました。
Jリーグでも、試合・練習への設置が義務付けられています。茨城県でも2013年に、
普及を促す条例が制定されました。

このように、全国の至る所で、AEDの普及促進の動きが活発になっています。
AEDの重要性が認識されるのはとてもいいことだと思います。

AEDの義務化について気になる方は、お気軽に0120-812-842AED販売.comまでお問い合わせ下さい。

日常点検票を活用しよう!

担当の小林です。

先日の記事「AEDの点検は毎日行おう!」でAEDの点検は大切だと述べました。
そこで便利なのが日常点検票です。

日常点検票 

弊社の取り扱っているAED IPAD NF1200では、
あらかじめ一枚の日常点検票が同封されています。この日常点検票には点検担当者名と
3か月分のインジケーター(ランプ)確認の結果を記入することができます。
またAEDに異常があった場合、弊社の連絡先も記載されていますので、
常にAEDの近くに置くことが望ましいと思います。

追加の日常点検票はこちらから印刷できます。ぜひ活用してください。

AEDの点検は毎日行おう!

担当の小林です。
AED(自動体外式除細動器)は救命処置の医療機器です。
AEDを設置した場合、いつでも使用できるように、日頃から点検することが大切です。
弊社で取り扱っているAED IPAD NF1200にはセルフテスト(自己診断機能)がついています。
本体のインジケーター(ランプ)を確認することで、AEDの状態を目視で簡単に把握できます。

本体の右上にインジケーターがあります。

IPAD NF1200 インジケーター拡大写真

インジケーターのランプの点滅が緑色の場合、AEDは正常であることを示しています。
インジケーターのランプの点滅が赤色の場合、AEDに何かしらのエラーがあることを示しています。
この時にインジケーター左隣のi ボタンを押すと、本体が原因を音声で伝えます。

毎日AEDの状態を確認することは、緊急事態に備えるためにも欠かせないものです。
毎日のチェックを習慣づけるようにしましょう。

AEDの持ち運びに便利なキャリングケース

担当の小林です

今回ご紹介するのは弊社で取り扱っているAED(自動体外式除細動器)iPAD NF1200専用のキャリングケースです。

IMG_2005

iPAD NF1200のキャリングケースは、予備のバッテリーや電極パッドを入れられるポケットがついています。
またAEDの状態を教えてくれるインジケーター(ランプ)も確認がとれるようにデザインされているので、
常にケースに収納しておくことをおすすめしています。

最近、様々な施設にAEDが導入されていますが、万が一の場合に近くにない可能性もあります。
特に開けた場所で活動するときは注意が必要です。キャリングケースはAEDを身近に置きたい人におすすめです。

*下はAEDが収納されている写真になります

お問い合わせ、お見積りはAED販売.comまでお願いいたします。

あなたの近くのコンビニにAEDはありますか?

担当の小林です

これまでみなさんは公民館や図書館などの公共施設などでAED(自動体外式除細動器)が設置されているのを見たことがあるでしょうか。
最近では様々な自治体が公共施設にとどまらず24時間営業コンビニエンスストアにAED設置を行っています。

image
コンビニにAEDを設置することにより、夜間や休日でもAEDを利用した迅速な救命活動ができるようになります。
沖縄県では6月にコンビニのAEDをつかって迅速な救命措置を施した例もあります。

AEDはその性質上、できるだけ早く使用することが救命につながります。身近なコンビニにあることにより、それだけ
素早く救命措置を行う可能性が高くなります。みなさんもぜひ近くのコンビニにAEDが設置されているかどうか確認しましょう。

救命講習会に参加しよう!

FNN(フジニュースネットワーク)より

8月17日東京・港区で、AED(自動体外式除細動器)の使い方などを学ぶ救命講習会が行われた。
地域での応急手当ての普及を目的に、東京消防庁の職員の指導のもと、港区の三田商店街の従業員など、およそ20人がAEDの使い方などを学んだ。三田商店街では、独自にAEDを購入し、設置場所を示す地図を配るなどして、普及に努めている。

AEDの救命講習会は各地で行われているので、一度は参加して緊急事態に対応できるようにしたいですね。また使い方と同じくらい、設置場所を知ることも大事なので、自分の地域のAED設置場所を把握することも大切です。

                                                                              担当 小林

iPadアプリでAEDトレーニング

消防署や自動車教習所などで行われる救命教習を受けない限り、AED(自動体外式除細動器)を実際に操作した経験はほとんどないとおもいます。そこで今回は家庭でもAEDの練習ができるものを紹介したいと思います。

Ivor Medical(http://ivormedical.com/)が提供している AED Trainer for iPadでは、30ドル(約3000円)ほどのパッド2個を繋ぐと、iPadをAEDのトレーニングユニットとして使用することが可能になります。アプリは5ドル99セント(約600円)です。これを使えばパッドの貼る位置の確認や画面と音声(英語)によってAEDのトレーニングができます。

下の動画は実際にこのアプリを使用してトレーニングを行っている動画です。

*iPadを使って除細動を行うことはできません
*動画で使われているAEDは弊社で取り扱っているAEDではありません。

AEDは一般の方でも操作できるようにつくられているので、わざわざiPadを購入してまでやる必要はないかもしれませんが、日頃から緊急事態に備えることはとても大切です。

                                                                  担当 小林

Page 4 of 4